FC2ブログ
長く生きていますと、熱く愛し合った人、
とても親しくお付き合いさせていただいた友人など、
深く交わった方々の人数も必然的に多くなります。
もちろん今でも、変わらず交わりのある方が多いのですが、
なかには些細なことで仲違いしたり、飽きられたり、
ただ距離故にいつの間にかお付き合いがなくなったりしてしまった人もいます。
そう言った今は交わりのなくなってしまった人でも、
何かの折りに街角で元気そうな姿を見かけたり、
人づてに良き消息を聞いたりすることはうれしいものです。
あちらは未だに私のことを憎んでいるかもしれません、
忘れてしまったかもしれません。
それは私には分からないことですし、
たまたま消息が知れたからと言って連絡を取ろうと考えるわけでもありません。
それでも、そぉっとエールを送らせていただきます。
「元気にね!」って。

私は人との交わりがうまくできない質ですから、
本当を言えば変わらずお付き合いのある人よりも
離れてしまった人の方が絶対に多いのです。
こればかりは持って生まれたもののようです。
長じて、意識してうまくやろうとしますが、結果ははかばかしくありません。
この歳になるともう開き直りです。
ことさらうまくやろうなどと思わなくなっています。
成り行きに任せて行くしかないでしょう。

私は子どもの頃から一人遊びの好きでした。
一人でいつまでも遊んでいられるそんな子どもでした。
結局、今も変わらず、一人で読書をしたり、旅をしたりすることが多いです。
旅などで、人と日程調整をしたり、
相手の気持ちを気遣い行動するのは疲れます。
怖い思いをしようが、淋しい思い(私も淋しさは感じます)をしようが、
一人が気楽です。
一人で新しい道へ踏み込み、
ときには人を、あるいは藪をかき分け進みます。
次の一歩、固い地面が保証されているわけではありません。
一人、倒れて行くことに妙な憧れすら感じています。

私は多くの人々と何か違います。
そのことは常に私を苦しめてきたのですが、
もう思い悩むことはしません。
私は私です。


スポンサーサイト



01/03|コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

咲姫

Author:咲姫
休みのたびに山歩きしています。深い森に住むニンフになれるかな。森から森へすべるように歩き回れるそんなニンフがいいな。黒紫が似合い、美しく、森へ入り込んだ人を惑わすようなそんなニンフになりたいって思います。


最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク
カレンダー
12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
検索フォーム
FC2ブログランキング
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示