FC2ブログ
大槻ケンヂの幻想の世界、短編集です。
絶対あり得ない世界、なさそうであるかもしれない世界。
ゴシック&ロリータが主題になって、巡っています。
そう、ゴシック&ロリータ、それ自体がなさそうである形ですね。

090412本 (5)65



スポンサーサイト



04/16|コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
私の生は間違いの連続。
そもそも生まれたときから間違ってたし…。
けっして生まれたことを後悔してる訳ではありません。
生まれたことは仕方ないのです。
ちゃんとこれまで生きてきましたし…。

生まれたときの間違い、
まぁこれも冷静に考えると私のせいではないでしょう。

「せい」ってどういう漢字を当てるのだろうと、
辞書を引いてみます。
「性」が目に入ります。
「①生まれつき(の性質)。
 ②からだの特質から来る、男女・雌雄の区別。
 などなど」
こんな記述を読むとことさら悲しくなります。

生まれたときの間違い、
それは言うまでもなくからだとこころが一致してなかったと言うことです。
どちらでもよかったです、一方付いていてくれれば。

何十年にわたる間違いだらけの生が始まってしまったわけです。
そして、まだおそらく何十年も続くことでしょう。
棺の蓋を閉じられるまで。

その長い時間の中で、
昔も今もこれからも間違いを正そうと躍起になるわけですが、
それがまた間違いを生んで、さらに変な方向へ進んで行きます。
あるいは進まないか。

からだとこころのミスマッチ。
このことは私にとても大きな影を落とし、
そして私の苦しみはそうでない人にはわからないでしょう。

もちろん、そうでない人にも相応の苦しみがあるでしょう。
私の場合はこのミスマッチによる苦しみに
すべて帰着してしまうようなところがありますから、
彼の苦しみはわからないかもしれません。
そういう意味では同じことなのかもしれませんが、
それでも、人間の、いえ動物の根源に係わるこの間違いは
あまりに根本的過ぎます。

いつ終わるのでしょうか。
棺の蓋が閉じられたときでしょうか。
04/16|コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

咲姫

Author:咲姫
休みのたびに山歩きしています。深い森に住むニンフになれるかな。森から森へすべるように歩き回れるそんなニンフがいいな。黒紫が似合い、美しく、森へ入り込んだ人を惑わすようなそんなニンフになりたいって思います。


最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク
カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
検索フォーム
FC2ブログランキング
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示