FC2ブログ
お友だちから、もう一人のお友だちも一緒にと
「密会」のお誘いが届きました。

いいえ、単にふらぁっと彼女の職場に寄って
お喋りをしていたのを、
日を決めて、個展を見たり、お茶しましょうというだけですし、
ネット上のやりとりも多いですから、
まぁ「オフ会」でしょうか。

オフ会でも健全な中に僅かな怪しさを宿していて、
わくわくと高揚感が湧き立ってきますが、
「密会」にはかないません。

密会、何か妖しげな響き、艶があり、
道を踏み外すような危うさが感じられます。
列車の車窓から沈みゆく太陽をぼんやりと眺めながら、
密会に思いを巡らしますと、
夕日が濃い紫に染まるようで、
あの日没のさきにある夜に何が起こるのだろうと
想像するような気分です。

いいえ、事実は何も起こりません。
芸術の秋にふれ、お茶を飲みながら、
お喋りをして、楽しいひとときを過ごすだけです。

でも、「密会」という言葉だけで、
そこにはとんてもなく大きな意味があるように感じられます。
そんな言葉を選び、使える彼女に感謝です。

密会がとても楽しみです。

みんな、忙しいですから、日が合うとよいのですが…。


スポンサーサイト



09/11|コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

咲姫

Author:咲姫
休みのたびに山歩きしています。深い森に住むニンフになれるかな。森から森へすべるように歩き回れるそんなニンフがいいな。黒紫が似合い、美しく、森へ入り込んだ人を惑わすようなそんなニンフになりたいって思います。


最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク
カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
検索フォーム
FC2ブログランキング
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示