FC2ブログ
母が亡くなったのはもう10数年も前。

母はある難病に罹り、10年にも及ぶ闘病生活の果てに亡くなった。
バランスが悪くなったとか転びやすくなったとか、
日常生活のあれっ?が始まりであった。

やがて、さっさと歩けなくなり、手すりを頼るようになり、
歩けなくなり、立てなくなり、這うこともままならなくなり、

寝たきりになってからは意外に早かったように覚えている。

言葉にすればわずか数行のことであるが、
それに10年もかかった。

意識は比較的最後までしっかりしていたが、
それだけに、自分の身体の自由がだんだんなくなっていくことは
とても恐ろしいことであったと思う。

この病気、原因がよく分かっていない。
遺伝するのかもしれない。

だとすれば、私だってああなるのだろうか。

おそらく病名がはっきりすれば、
まだ身体が言うことを聞くうちに死を選ぶことだろう。
とても私には耐えられない。

人の手を、他人の手を煩わせて介護される、
そのとき私はどんな扱いを受けるだろうか。

男性介護士により、男性として扱われ、
個室ならまだしも男性の相部屋にされることもあるだろう。
それは考えるのも恐ろしいことであり、
どう思いを巡らしても耐えることのできない事態である。

今、介護の現場を考えたとき、
中途半端な私の身体は、関わる人間の揶揄の対象となりかねない。

それはあまりなことであり、
意識があればその屈辱に耐えることは困難であろう。
が、身体も思うように動かせないのであれば、
抵抗することも、否を唱えることも、死ぬこともできない。
そんなことが容易に想像できてしまい、
そのために私は私の思いのとおり身体を変えたい。
SRSをしたい。
性別も変えたい。
と考える。

今すぐでなくてもいい。
身体が動くうちに、進めるだけ進んでおきたい。

それとも、身体が動くうちに死んでしまった方がいいのか。

   
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



09/07|コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

咲姫

Author:咲姫
休みのたびに山歩きしています。深い森に住むニンフになれるかな。森から森へすべるように歩き回れるそんなニンフがいいな。黒紫が似合い、美しく、森へ入り込んだ人を惑わすようなそんなニンフになりたいって思います。


最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク
カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
検索フォーム
FC2ブログランキング
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示