FC2ブログ
子どものころ思い描いた大人の私。
それは明らかに20代と思える、もちろん美しい女性でした。
もちろん母親というもっと年代の高い女性は身近にいた訳ですが、
自分のそのような姿を思うことはありませんでした。
今、当時の母親よりも歳を重ねてしまった訳ですが、
なんでこんなにも長いこと生きられたんだろうって…。
いつか女性になりたいという思い、
限られたできることのなかで、
半歩ずつでも、匍匐前進でも前に進んでいたことが
支えだったのかも知れません。

そしてその歩みは今もさして速度を増していません。
残念ながら。
そのことは自分の意に反していますが、
反面、私なりの歩みなのかも知れません。
とっても遅いです。

私という存在に、私の生にどのような意味があるのでしょう。
意味なんかなくても構わないのでしょうが、
弱い私は意味を見いだしたい、あって欲しいと願うのです。

人と繋がることはとても苦手で、
お仕事の電話一本ですらしばらく逡巡したあげくにかけ、
用件が終わり、受話器をおいたときには疲れ切ったため息をつく私。
そのくせ何やら人の役に立ちたくてお節介を焼こうとする私。
でも、私のやることですから、
ありがた迷惑になるか、
めずらしくツボにはまっていても、
疲れて、最後まで世話を焼き続けることができず投げ出してしまう私。

人のお世話は中途半端に終わることはたびたびです。
人のことは構わず自分なりでいることがよいようですね。

そう、さして意味もなく、必然もない私の生。
だらだらとのろい歩みを続けてもそれほど遠くには行けず、
行き着く先はすぐそこに見えています。

だったら、ここで終わりにしても同じことかもしれません。

どうなんでしょうね。

こんな私でも、

もう少し行ってみようよ!

と声をかけてくれる人がいるのでしょうか。

011208霧氷


スポンサーサイト



11/15|コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

咲姫

Author:咲姫
休みのたびに山歩きしています。深い森に住むニンフになれるかな。森から森へすべるように歩き回れるそんなニンフがいいな。黒紫が似合い、美しく、森へ入り込んだ人を惑わすようなそんなニンフになりたいって思います。


最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク
カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
検索フォーム
FC2ブログランキング
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示