FC2ブログ
ジャン-ポール・ゲラン著 田中樹里訳 04.02.25フレグランスジャーナル社刊

110116本 (5)50c

ゲラン社の4代目で調香師のジャン-ポール・ゲランの自叙伝。
それに香りを求めての旅の紀行でしょうか。
あわせて、香りの世界への旅と言えます。

素敵な挿絵と美しい写真が豊富に使われていて、
ぼんやりとページをめくってみても楽しく、
素敵な香りの漂う世界へ入っていけます。

110116本 (9)50  110116本 (7)50



香水好きの私はゲラン社の香水にはかなり思い入れを持ち、
ミツコやサムサラには強い憧れを持っていました。
でも、つけきれない、香りに負けてしまう自分に気づいていました。

そんな中しばらく愛用していたのは、
「夜間飛行 VOL DE NUIT」

「シャンゼリゼ  CHAMPS-ELYSEES」
かな。

最近はディオールのばかりになっていましたが、
歳を重ね、再びゲランもいいかなって、
この本を読んで思いました。

そんな中から、

「香水づくりは、わたしに強烈な官能の悦びを与えてくれた。匂いを嗅ぐ楽しさに我を失ってしまうことさえあった。そういう時にこそ、香水は形を成してくるのである。刺激があって初めて、イメージはふくらんでゆくのだ。」

そう香りは至福のひとときを与えてくれることもあり、
考えられないほどの嫌悪感を生むこともあります。
どちらにしても、その刺激から様々なこと、
表のこと、深く隠されたことなどなど思いは広がってゆきます。

   
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



02/27|コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

咲姫

Author:咲姫
休みのたびに山歩きしています。深い森に住むニンフになれるかな。森から森へすべるように歩き回れるそんなニンフがいいな。黒紫が似合い、美しく、森へ入り込んだ人を惑わすようなそんなニンフになりたいって思います。


最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
検索フォーム
FC2ブログランキング
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示