FC2ブログ
引き続き「セクシュアリティの多様性と排除」からです。

「第4章 性同一性障害のカウンセリングの現実について」から考えてみたいと思います。


  サラサドウダン090620


「患者が自分の過去の状況について嘘をつくことがあるのも前提であり、だからこそ、「性転換したいって100回言うところに、つきる…中略…ステレオタイプな答え方をする必要もない…中略…『自分史をやる』ことをする中で、自分が本来女/男であることが揺るぎないと、一貫して自己呈示し続けられるということの縮約表現などである。」

やっぱりそうなんですね。
という感じがします。
わたしも性同一性障害と認められたかったから、
自分史では明確な嘘や作り話はしませんでしたが、
ある行動の解釈などではステレオタイプな解釈を答えとして用意しました。

自分史なんてある面ファンタジーになり易いものですし、
こんなもので何を判断するのだろうかと始めから疑問に思っていました。
何回かのカウンセリング、自分史を巡るやりとり、日常生活の話等で、
意思の確認を医師ができ、
患者であるわたしも間違いないと再確認することが
目的なんだろうなって考えるようになっていました。

さらに続きます。

「自分が本来は女だ、あるいは男だと思っていることが揺るぎなく、それを確認できるのであれば、診断はつく。それは、典型的な女/男になることができているかどうかを確認することとは、また別のことであろう。」

と著者はまとめています。

確かにね。
性同一性障害であることと、
典型的な望む性別の姿であること、または成れることは
別のことですね。

パスができているかどうかよりも、その当事者が、
「周囲から理解が得られていれば、つまり、望む性別の人として周囲に認められているのであれば、あるいは性別を移行している人だと認められているのであれば、それでよいのだ。…中略…『脳みそで判断』することはあっても、『ヴィジュアルで』判断することはない」

なるほどねぇ、それでいろいろ腑に落ちたところがあります。

ガイドラインに沿ってSRSをすませた人でも
パスには遠いなぁって正直感じる方がいます。
そうした人たちは、パスはともかくも周囲に認められていて
そのことを医師に認められているのですね。

そうは言いながらも、

「周囲に受け入れられたいのであれば、受け入れられたい性別の人としての外見を呈示するべきだという、過去の医学の基準を参照するもののように受け取れる。そのように受け取られるなら、患者が、本来の性が女なら女そのもに、男なら男のそのものになっていくという、性別を変更する物語を体現する、まさに当の登場人物として、自ら生きていくことを当然視することへ、つながっていかないか。」

医師に、周囲に望む性別の人として認められたいのなら、
それらしく外見を整えるのはマナーと言えるのかも知れません。
極端にステレオタイプな望む性別を身につける必要はないものの、
望む性別らしくあろうという努力はしなくちゃいけませんね。

   
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



03/27|コメント(4)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
女性らしく?
咲姫様!女性らしいってどうやって身につければいいんですか?ステレオタイプな女性らしさって、実際の女性の方のもっているものとはかけ離れているってことはよくある話だと思います。
From: しんいちろう * 2011/03/27 21:51 * URL * [Edit] *  top↑
しんいちろう さん
小さい女の子が母親を見て、仕草や習慣、言葉を真似ていくように、
身近で素敵な女性を真似るのがよいと思います。
一人だけでなくてもいいです。
仕草はあの人、ファッションはこの人、話し方は別に人っていうように。
From: 咲姫 * 2011/03/28 05:52 * URL * [Edit] *  top↑
勉強になる
理想の診断って、こういうものなんですね。
初めて知りました。

精神科の受診は経験ありますが、初診 1分も掛からず
診断が出た経験や、うつOnlyの診断出来ない精神科しか
知らなかったので、この、お話は、非常に参考になります。
From: さら@上石神井 * 2011/03/28 06:36 * URL * [Edit] *  top↑
さら@上石神井 さん
ぜひ「セクシュアリティの多様性と排除」、
読んでみてください。
From: 咲姫 * 2011/03/28 17:57 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

咲姫

Author:咲姫
休みのたびに山歩きしています。深い森に住むニンフになれるかな。森から森へすべるように歩き回れるそんなニンフがいいな。黒紫が似合い、美しく、森へ入り込んだ人を惑わすようなそんなニンフになりたいって思います。


最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
検索フォーム
FC2ブログランキング
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示