FC2ブログ
昨日、この問いに対し、答えた訳だけど、
まだ答えたりないかな。
昨日のはその経緯、顛末にすぎなかったですね。

そこにあった思いは、訳はどうだったろう?



って、正直覚えていない。
が、状況証拠や振り返って想像するとこんなことかしら。

110525p.jpg


なにがなんでも、どうしても、
女性のからだが欲しかった、女性になりたかった
っていうことでしょう。

これはもう少しはまともにものを考えることができるようになった
幼少のころからの思いですから、
強く、深いものがあります。

もちろん、子どものころ、寝る前に願っていたように
劇的に変化する訳ではないことは
もういい大人、わかっていましたが、
少しでも近づけたい、近づきたいって思うじゃないですか。

結果、外科的手術をせざるを得ない部分はともかく、
まぁ満足する変化を手にしたと言えます。



また、男を脱ぎ捨てるられるという期待もありました。

男性ではないという思いがありつつも、
同時にからだの中心で、強力に男性を主張するイヤなやつがあり、
こころ弱い私は、たいていはその主張に屈服してしまってましたから。

ホント、情けない限りです。
こころの主張とからだの主張が食い違ってくるのです。
こころで信頼を得た人をからだによって裏切ることになったことが
幾度あったことか。

この私の中にある矛盾を解消したいという気持ちは強かったです。



そして、女性を女性として成り立たせている女性ホルモン、
その女性ホルモンを取り込みたい。
からだ中に行き渡らせたいっていう思いもあったように思います。

たとえ、からだの変化がなくても、
わたしのからだの中には女性ホルモン行き渡っている
と思えるだけで、もしかしたら、

わたしは女性だ!

って思え、自信を持てるかなって。
この面でも、一定の効果はあったかなって思っています。
もっとも、からだの変化がけっこう大きかったので、
その影響も強いでしょうけど。

   
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



05/25|コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
No title
私も女性ホルモンが支配するからだになりたかったです。
From: のりこ * 2011/05/28 15:12 * URL * [Edit] *  top↑
のりこ さん
人それぞれですし、
同時進行で比較する訳にはいきませんから、
本当はどちらがよかったのか…。

きっと、今が最善なのですよ。
From: 咲姫 * 2011/05/28 16:17 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

咲姫

Author:咲姫
休みのたびに山歩きしています。深い森に住むニンフになれるかな。森から森へすべるように歩き回れるそんなニンフがいいな。黒紫が似合い、美しく、森へ入り込んだ人を惑わすようなそんなニンフになりたいって思います。


最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
検索フォーム
FC2ブログランキング
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示