FC2ブログ
帚木蓬生著、2008.8 (株)集英社刊

  110507本 (5)40

インターセックス、そして性同一性障害なども
ストーリーに絡まっていますが、
まぎれもないサスペンス。

それなり、おもしろく読めたかな…。

そんな中から、いくつか気になる箇所を…。




「わたし自身は、男でも女でも、こだわらなくていいと思っています。男女である前に人間です。その大切な事実が、この頃では忘れられている気がするのです。男か女かどちらかでなければ人間でない、というような風潮がはびこっています」


「性同一性障害の人たちに性転換手術を開発、実施しながら、ひとつのことが気になり出していました。男か女かへの固執、ジェンダーのどちらかへの帰属意識は、ひょっとすると、社会自体の二者択一志向の反映ではないかと思い始めていたのです。社会が男か女かの判定眼しかもっていないので、性同一性障害の人々も居心地が悪くなり、その苦悩が五倍にも十倍にも増幅されているのではないか---。」


引用だけではなく、
わたしの考えをコメントすべきなのはわかっていますが、
今日はその元気がないかな。

暑いです。

   
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



06/21|コメント(6)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
NoTitle
そうですね
性別を考える前に、人間ですね
細かいことにこだわりすぎですね
私も反省です><

最近は、男女の境目があいまいになってますね
ニューハーフとか
そんな人が増えてきた気がします
ただ、偏見はあるかもしれません
あの人たちは、戦ってるのだと思います
自分を生きるために。
すごく勇気のある人たちだと思います。
男らしいですね。

From: ころな * 2011/06/22 20:12 * URL * [Edit] *  top↑
ころな さん
で、「男らしいですね」ってシメルわけ?

女性から男性へ、FTMな方だってたくさんいますよ。
同性愛の方もいるし、両性愛の方もいるし、…。
戦っているって言うか、
ほかの生き方ができないのかな。
わたしは戦うの苦手だから、ふわふわってしてますけど。
From: 咲姫 * 2011/06/22 20:25 * URL * [Edit] *  top↑
NoTitle
こんばんは。
面白そうな小説ですね。
読んでみます。

一時期、中山可穂の小説ばかり読んでました。それから、石田衣良。
帚木蓬生さん、面白いかな。とにかく、インターセクス読んで見ます。

From: なお * 2011/06/22 21:07 * URL * [Edit] *  top↑
なお さん
はじめまして。
でしょうか。

サスペンスとしてはほどほどかな、どうでしょう…。
わたしは日ごろサスペンスっぽいのは読まないので
どう評価してよいかわかりません。
感想を聞かせてください。
From: 咲姫 * 2011/06/23 05:43 * URL * [Edit] *  top↑
NoTitle
こんばんは。
小説読みました。

サスペンスの部分は別にして、このテーマは興味深かったです。例えでいう黒から白にかけての沢山の段階があるのかなと思いました。
この小説にでてくる典型的な場合だけでなく、色々あるのかもしれないとふと思いました。

私は20代で副腎の病気になったことがあるのですが、こんなもんと軽い気持ちでしたが、すごい影響を身体に及ぼすものなのですね。小説のでだしで、副腎の話が出てきて驚きました。

いろいろ考えさせる小説ですね。

どうして自分は女性化志向がでてきたのかとか、、、単なる趣味と思っていましたが、そうでもないのかも、、、

From: なお * 2011/06/27 22:30 * URL * [Edit] *  top↑
なお さん
世の中のたいていのことは黒とか白とかに
簡単に分けることはできないんじゃないでしょうか。
ところが、わたしたちってすぐ分類したがるから、
灰色のところも無理矢理どっちかに押しつけちゃうんだよね。
でも、どちらにもならない部分って
実はとっても大きいように感じます。
だからって、灰色という分類を作っても、
その灰色だってグラデーションではめるのは無理なのでしょう。
そう、きっちり分類なんかできないって、
覚悟を決めちゃえば、それだけのことのように感じています。
From: 咲姫 * 2011/06/28 19:33 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

咲姫

Author:咲姫
休みのたびに山歩きしています。深い森に住むニンフになれるかな。森から森へすべるように歩き回れるそんなニンフがいいな。黒紫が似合い、美しく、森へ入り込んだ人を惑わすようなそんなニンフになりたいって思います。


最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
検索フォーム
FC2ブログランキング
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示