FC2ブログ
まったく声の大きい人にかないません。

っていうか、争う気にもなれません。
議論もしたくありませんね。


ハナビラタケ南牧 ハナビラタケ

まったくもって自分は正しいことを言っていると
頭から信じ切って、自信を持って、大きな声で主張します。

うらやましいくらいのおめでたさです。

うるさがって誰も相手をしないようになってしまっているのですが、
そのことに気がつかず、
自分の言うことが正しいから、
誰からも反論がないのだと信じ込んでいる節があります。

そう、遠くから観察していると、
相手をする誰もが利害関係がない限り黙って聞いています。

でもね、あとでその人と話すと、
「あぁ、あいつはうるさいから言わせておくのさ」
って。
言わせれば気が済むって思われていて、
皆さん、まともに取り合っていないのですね。

でもね、お仕事で、しかも利害関係が絡むとそうもしていられません。
頭がガンガンするほど大きな声、
唾を飛ばしながらの熱弁を聞き流しつつも、
論点を整理して、有効な反論をしなくてはなりません。

いいえ、当人に理解されようなんてぜんぜん考えていません。
そのとき、会議に参加しているほかのメンバーが、
彼ではなく、わたしの主張を理解し、同意し、
議論を打ち切ってもらえばそれでいいのです。

彼は主張はできても、残念ながら決定権がありませんから。

いつもそんな感じで、
正しいと思い、主張しても採用されないことが多く、
そのためか、ますます声は大きく、唾が遠くまで飛びます。

空回り…ちょっとかわいそうです。

「大きな声で主張するだけじゃダメなんじゃないの
 意見を通そうと思ったら作戦も必要だよ」

って、そっと教えて上げたのですが、できないでしょうね。

まっ、そんなことはいいのです。
直接対決をいかに彼のペースに巻き込まれず淡々とこなすかが
わたしの目下の問題です。

ふぅ~…

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村  




スポンサーサイト



02/02|コメント(6)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
No title
鬱陶しそうですね。

どこにでもいるものです、そういう人。

From: まんがいんく * 2012/02/02 21:50 * URL * [Edit] *  top↑
No title
ちょっとおもしろいですねw、、、そういう人
いろんな想像ができますけど・・・

決定権もなく、自分の意見を押し通そうとするなんて、すごく ”おこちゃま" に見えます。
交流分析的には、まさにチルドレンって感じかな?
自分を認めて欲しい、自分を(無條件に)愛して欲しい、自分の相手をして欲しい、、、っていう姿を想像しちゃいました。
もちろん、想像ですから、咲姫さんのお話だけでは、実際どうなのかはわかりませんけど
From: ひろこ * 2012/02/02 23:32 * URL * [Edit] *  top↑
No title
そんな人、いますね。
見ているだけならいいのですが・・・
仕事だと、困りますね
その人に決定権がないのが救いです。
できるだけ、かかわらないようにしています。

ハナビラダケ、きれいですね。
けっこう大きいのかな?
食べれるといいんだけど
咲姫さん、こんな写真、どこでとってくるの??

From: ころな * 2012/02/03 17:39 * URL * [Edit] *  top↑
まんがいんく さん
でも、けっこう意見があったりします。
それで、面倒なことは彼に言わせる
狡いわたしですr(^^)
From: 咲姫 * 2012/02/04 06:11 * URL * [Edit] *  top↑
ひろこ さん
そうですね、確かに ”おこちゃま"なのかもしれません。
いつも正攻法で石を投げ込む、飽きず腐らず投げ込み続ける感じです。
エライですね。
そういうやり方しかできないとは言え、
その姿勢は見習わなければならないものもあります。
でも、その結果反発が先に生まれ、物事が正せいないのはまずいですね。
相手の立場や周囲の状況を想像し、
それなりのやり方ができればいいのにね。
From: 咲姫 * 2012/02/04 06:17 * URL * [Edit] *  top↑
ころな さん
そうですね…人の頭くらいの大きさでしょうか。

食べられます。
さっと湯がいて酢の物とか、もちろん油炒めでもおいしいですよ。

どこで?
って、お山です。
いつも彷徨ってますから…。
From: 咲姫 * 2012/02/04 06:22 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

咲姫

Author:咲姫
休みのたびに山歩きしています。深い森に住むニンフになれるかな。森から森へすべるように歩き回れるそんなニンフがいいな。黒紫が似合い、美しく、森へ入り込んだ人を惑わすようなそんなニンフになりたいって思います。


最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク
カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
検索フォーム
FC2ブログランキング
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示