FC2ブログ
今日はどんよりした重い曇り空、
ときどき雨も降りました。

こんな日、お天気に同調するようにこころも重め。



でもね、曇り空を見上げてみると、
不思議に濃淡があり、意外な模様を形作っています。
パラパラ降る雨も楽しい山歩きの最後に
少しばかり濡れてしまったことなど思い出すと
けっこう楽しい気分になることができます。
これはこれでまぁいいかなって。

山で出会う濃い霧。
何も見えないけど、何も見えないからこそ、
その白さの向こうになんでも見えるような気がします。
思えば見えます。
谷の向こうの山々も、わたしの明るい未来も。

いつか出会った夕立。
来そうだなって感じていたので、
先を急いではいたのですが、
間に合わず、傘もなく、
スカッとするほど濡れました。
シャワーを浴びたよう。
それはそれで気持ちよいのです。
ちょっと後片付けはたいへんですけどね。

それでも、秋晴れの青空にはかないません。

101016空95

高い青、ちぎれる雲、明るく、開放的な気持ちにしてくれます。
下界でイヤなことがあっても忘れさせてくれますよね。

ぽかりと浮かぶ雲は甘いものを連想させ、
吹く爽やかな風は心地よい香りを運んできます。

自身もこの青空のようであればなぁって思います。

そうであれば、きっと自分自身も気持ちがよいでしょうし、
関わりを持つ人たちにも爽やかな気分を分けることが
できるでしょう。

でも、とかくこころは曇りがち。
いろいろな事態がこころを重くします。

こころの青空を持ち続けるのはたいへんです。

ただじっと待っているだけでは、
一度陰ったこころはなかなか青空にならないです。

また今、青空であってもぼんやり眺めていては、
いつまでも青空ではいられないように思います。

実際の青空もそうですよね。
でも、実際の青空は陰ってしまったら待つしかありません。

こころの青空はただ待っていたのではなかなか広がらないようですし、
また、今の青空を眺めているだけでは
守ることができないように思います。

努力したり、かんばったりとかわたしはしたくないですけど、
青空を守るため、何らかの心がけが必要かなって、
思いました。

それが何であるか、何をすれば青空が守れるか、
マニュアルのようなものがあれば、
もっと明るいわたしに、社会になるのでしょうね。

でも、それをわたしは呈示することはできません。

でもでも、「青空が好き」っていつも念じていると、
けっこう青空でいるように思いますし、
曇り空も雨空もそれはそれで好きかなって思えます。

そんなところに答えがあるのかも知れません。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



10/23|コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

咲姫

Author:咲姫
休みのたびに山歩きしています。深い森に住むニンフになれるかな。森から森へすべるように歩き回れるそんなニンフがいいな。黒紫が似合い、美しく、森へ入り込んだ人を惑わすようなそんなニンフになりたいって思います。


最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
検索フォーム
FC2ブログランキング
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示