FC2ブログ
大槻ケンヂの幻想の世界、短編集です。
絶対あり得ない世界、なさそうであるかもしれない世界。
ゴシック&ロリータが主題になって、巡っています。
そう、ゴシック&ロリータ、それ自体がなさそうである形ですね。

090412本 (5)65



そんな中から、


「誰も見たことのない奇抜で美しいドレス」を作りたいとの想いが、自分を支える、たった一つの誇りであったのだと、生まれて初めて強く自覚した。「だからこの誇りだけは生涯ずっと捨ててはならないのだ」泣きながらもそう思った。

どんなことでも生涯持ち続けることのできる誇りがあるというのはとても幸せなことではないでしょうか。みんな、そんな誇りを探しているうちに生涯を終えてしまいそうです。



だがおっかけ屋は刑務所暮らしの中で、誰の悩みもその人間の内では同等の苦しみである事を痛感させられていた。人殺しも空き巣の常習犯も、結婚サギ師や痴漢に至るまで、乗り越えなければならない今の自分と対峙している苦痛において、何ら変わる事はなかったのだ。

そう、誰をも自分の対峙している悩み、苦痛こそが特別だと思っているもの。だけど、中身こそ違え何ら変わることはないように最近思います。誰もが苦痛を抱えて生きているのです。



両性具有の存在として、誰からも愛され、また逆に、誰をも愛する権利をいただいています。美しきものに性の別などはなく、ただ美しさのみが輝いていれば、その存在は意味を成しているのです。

美しくあることがすべて。美しくないものは意味がありません。



スポンサーサイト



04/16|コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

咲姫

Author:咲姫
休みのたびに山歩きしています。深い森に住むニンフになれるかな。森から森へすべるように歩き回れるそんなニンフがいいな。黒紫が似合い、美しく、森へ入り込んだ人を惑わすようなそんなニンフになりたいって思います。


最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
検索フォーム
FC2ブログランキング
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示