FC2ブログ
春眠暁を覚えず

と言いますが、かまわず3時ころから起きているわたしです。

それでも、1時間くらいはお布団の中でもぞもぞしてたかな…。


お布団の中、
パジャマの上から自分のからだを掌で撫でます。
やさしく、そっと…。
パジャマの生地、下着の生地が心地よいバリアとなって、
ますますやさしく微妙なニュアンスを与えてくれます。

わたし、ぞくぞくって。

あたたかなお布団の中でのこの感じ、
からだが化学反応を起こし、溶けていくようです

わたしの手はいつの間にか男性の力強いけれど、繊細な手に変わり、
熱く、わたしのからだを包みます。

手だけだった男性は、やがて腕を感じ、肩を感じ、
唇を感じ、耳を、睫毛を感じ、熱を感じ、湿り気を感じ、
力を感じます。

でも、男性のお顔は見えません。
パーツがあっても、全体がないんですね。

彼はいつもわたしをやさしく扱ってくれますが、
それでいて顔がありません。

そう、考えてみるとからだもないようです。
ただあるのは、わたしが必要とするパーツだけ。

わたしのこころに、
こころを通じ合うような男性がいないと言うことなのでしょうね。

少し淋しくもあり、世話なく、良いようにも感じます。

今さらっていう感じもあります。
都合の良い彼で十分だということにしましょう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



04/28|コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

咲姫

Author:咲姫
休みのたびに山歩きしています。深い森に住むニンフになれるかな。森から森へすべるように歩き回れるそんなニンフがいいな。黒紫が似合い、美しく、森へ入り込んだ人を惑わすようなそんなニンフになりたいって思います。


最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
検索フォーム
FC2ブログランキング
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示