FC2ブログ
わたしの母は6人兄弟の次女で第二子。



080203でんでんべびぃc

わたしが母の実家にいたのは、5歳くらいまで、
その頃、母の実家にはまだ独身の妹、弟、
つまりわたしの叔父叔母がいたり、
わたしと一つ違いの従弟がいる叔母が
夫の単身赴任のため実家に帰ってきてたりで、
にぎやかだったようです。

そして、わたしの両親は、
母はフルタイムで働いていましたし、
父はどこか遠くの街で学生してましたから、
わたしは祖父母をはじめ、多くの大人に囲まれて育ったようです。

そんなせいでしょうか、
死ぬまで両親に馴染むことができませんでした。
その辺りは、
わたしの息子の両親つまりわたしとわたしの相方への接し方をみると、
大きく違うことに驚かされ、
そう言うことだったのか、幼少の頃のかかわり方の違いかと
納得したものです。

三つ子の魂百までってやつでしょうか。

振り返って思うに、
幼少期、親がしっかりと子育てをすることはとても大切だと
実感しています。

本当、片親の3年くらいの育児休業は必要なことだし、
残り片親もちゃんとお夕飯を一緒に食べられるような時間に
帰宅することは将来のため、
少し長い目で見れば必要なことではないかと
思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



07/24|コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
From:  * 2013/07/25 00:54 *  * [Edit] *  top↑
やっぱり「三つ子の魂百まで」ですね。
幼少期の環境は行く末まで変えそうな感じがします。
けっして疎かにするなかれです。
From: 咲姫 * 2013/07/26 19:05 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

咲姫

Author:咲姫
休みのたびに山歩きしています。深い森に住むニンフになれるかな。森から森へすべるように歩き回れるそんなニンフがいいな。黒紫が似合い、美しく、森へ入り込んだ人を惑わすようなそんなニンフになりたいって思います。


最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
検索フォーム
FC2ブログランキング
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示