FC2ブログ
母の実家の近くにあった、もちろん今もありますが、
大きな公園には、大きな泉がありました。


イヌセンボンタケ(3)s

大きな大理石の真ん中から水が湧き出ています。
絶えることなく、しかもかなりの量です。
それは子どもにとっては、
不思議な場所であり、そしてかっこうの遊び場でした。

そして、その泉は子どもの目には大きな森の奥深くにありました。

そこまで行くのは、ある意味、この世界から切り離された、
橋の向こう側に渡るような意味合いがあったように思います。

そう、人間として生活しているわたしが、
本来のわたし、すなわりニンフだったり、妖精だったりに戻れる世界。

一種の異境だったのでしょう。

母親や祖父母、大人と行ってもそこは橋のこちら側でした。
子どもだけで行くと、
いいえ、実際はかなり幼かったはずですから、
遠巻きに大人に見守られていたのでしょうけど、
橋の向こう側の世界になったのです。

そんなころから、わたしは二つの世界を器用に行き来してしまうところが
あったように思います。

そんなところ、今も変わらず持ち合わせています。
それが人から見たときのわたしのわかりづらさ、
不思議さに繋がっているようです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



07/30|コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
橋を渡ると、違う世界
異世界への扉
いいなー。
そんな、たくさんの世界を行き来する
咲姫さんに憧れます。

子供のころの気持ち
なくさないで^^
From: ころな * 2013/07/31 14:57 * URL * [Edit] *  top↑
ころな さん
そうですね、おかげさまで、
いまだに地に足の着かない
ふわふわした生き方をしているようです。
わたし自身、それも悪くないって
思っていますけど。
ころなさんもいっぱい不思議な世界を
お持ちのように感じます。
From: 咲姫 * 2013/07/31 19:35 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

咲姫

Author:咲姫
休みのたびに山歩きしています。深い森に住むニンフになれるかな。森から森へすべるように歩き回れるそんなニンフがいいな。黒紫が似合い、美しく、森へ入り込んだ人を惑わすようなそんなニンフになりたいって思います。


最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
検索フォーム
FC2ブログランキング
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示