FC2ブログ
二番目の幼稚園のころ、
隣のおうちにかわいい女の子が住んでいました。


PC075193c.jpg

と言っても、私にはその頃の記憶がほとんどありません。
子どものころから同じ、
過ぎたことはほとんどが忘却の彼方です。

だから、親や長じて彼女からの伝聞です。

彼女は一つ年下で、むっちゃんと言いました。
どちらかというとわたしが遊んであげていたのかも知れません。

よくおままごとをしていたと言います。
その中で二人がどういう役割分担をしていたかはわかりません。

彼女は一人娘でご両親が可愛がり心配をしで、
ほとんどおうちや庭先から出られなかったようです。

わたしはわたしで幼稚園からさんざん、
まさに道草を食って帰ってくれば、
あとは一人遊びかその彼女とおままごとをしていたようです。

自然の中だからこそ、ほかの子と遊び回っていましたが、
基本的には一人遊びが好きだったみたいです。

あの頃は、男も女もなくて、その時その場にいるお友だちと遊び、
誰もいなければ一人でいつまでも遊んでいて、
わたし的には楽しいときを過ごせていたのでしょうね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



12/15|コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

咲姫

Author:咲姫
休みのたびに山歩きしています。深い森に住むニンフになれるかな。森から森へすべるように歩き回れるそんなニンフがいいな。黒紫が似合い、美しく、森へ入り込んだ人を惑わすようなそんなニンフになりたいって思います。


最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
検索フォーム
FC2ブログランキング
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示