FC2ブログ
01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.»03

くろ・むら・さき

  : 

咲姫の心 思うままにつづります

夢の続き …おじさまの指に慣れました、わたし 

先日の妖しい夢の続きです。
と言ってもここからは夢ではなく妄想ですけど…。

そうそう、お相手のオジサン、誰だかわかりました。
阪急電車の中でわたしに痴漢したオジサンです。
まったくねぇ…。

猥雑な空間を抜けると、静かな廊下が続き、
その先のドア、
部屋にはいるとラブホテルのような、でも静かなお部屋が待っていました。

立派なマッサージチェアが置いてあって、
わたしはそこにお洋服のまま座らせました。
スイッチが入ると、とてもリラックス。
マッサージというよりは思いきりゆったりした気持ちになれます。

しばらく経つと、横にオジサンが跪き、
わたしの手を取り、指、甲をていねいに揉みだしました。

ちょっと違和感、嫌悪感が湧きましたが、
遠慮深く、やわらかく揉んでくれるものですから、
思わず委ねます。

甲から、腕へ、そして反対側にまわり同様にほぐしてくれます。

すっかりリラックスしたところで、
オジサンはわたしの足元に移り、
足指、甲をマッサージはじめました。
一瞬に足に力が入りましたが、
もうすっかりリラックスモードになっているので、
オジサンに任せます。

足首、ふくろはぎ、ももと揉み上がってきます。
でも、足の外側中心で、わたしが警戒心を生まず、
リラックスできるように工夫されているようです。

もちろんその間もチェアは飽きずにマッサージを続けている訳ですし、
わたしはすっかり弛緩してしまいました。

やがて、オジサンの両手はわたしの両手を持ち、立たせます。

わたしは誘導されるままにベッドに横たわり、うつ伏せになります。
そのわたしの上に、薄絹の羽衣のような布をかけてくれます。

  シダレザク (4)c

そののち、オジサンはわたし傍らに座り、
わたしの腰、背中、肩、首などをていねいに揉んでくれます。
本当にマッサージ気分。
そして、わたしはオジサンにからだを触られることにすっかり慣れました。
それどころか、オジサンの指の動きはとても心地よいものと感じられるように
なっていました。


…つづく

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ: わたしの心

ジャンル: 心と身体

  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://esakii.blog97.fc2.com/tb.php/2047-48ab7e74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top