FC2ブログ
こうも言われました。

「かわいく素敵なおじいちゃんとおばあちゃんになるはずだったのに…」


そんなことを言われても、
私は絶対おじいちゃんにはなれません。
なりたくもないです。
では、おばあちゃんになれるのか?
それもダメです。

せめて見かけだけでも…ともちろん思っておりますが、
少し難しそう。
ひとりでは決めることができません。
やはり責任というもがあります。

このまま生きていくことになるのでしょうか。
シーメイルなからだ。
中途半端なからだで…。

まだ当分はいいでしょう。
しかし、からだが不自由になったとき、
頭がだらしなくなったとき、
どうすればいいのでしょう。
家族では手に負えなくなれば、
当然ながら他人の世話になる訳です。

他人に託す家族の思い。
また、人に世話をしてもらわなければならない自分の思い。
誠意を持って携わっていただけるでしょうか。
中途半端な私。
からだも戸籍も女性であれば、
法令上も女性の扱いとなるでしょう。
間違いなく。
では、からだが半端もの、戸籍は男性だったら?
ただただ、
良心的に、女性として扱っていただけることを願うばかりです。
でも、扱いに苦慮しますよね。
変なものがついてるし…。

最悪、性的な揶揄の対象になる屈辱、恥辱は耐え難いです。
そんな思い、
あるいはそんな思いをする可能性が考えられるのに、
とても、おばあちゃんを目指す気になれません。

やはり、どこかで、まだ自分で動けるうちに
終止符を打つしかないでしょう。
そんなときのために、土に帰る場所、
最後の瞬間までファンタジーをもてる場所を
見つけておかねばならないでしょう。

私は山の人間です。
若い頃、山窩にあこがれたものです。
最後は山の土になり、
前にも書きましたが、ほかの生命が生きるのに
役立てればと思います。
だから、山で最後の場所を見つけたいのです。

そんなことすらファンタジーだと言われそうですが、
ファンタジーの世界、
そのくらいの逃げ場があってもいいでしょう。
スポンサーサイト



06/04|コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

咲姫

Author:咲姫
休みのたびに山歩きしています。深い森に住むニンフになれるかな。森から森へすべるように歩き回れるそんなニンフがいいな。黒紫が似合い、美しく、森へ入り込んだ人を惑わすようなそんなニンフになりたいって思います。


最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク
カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
カテゴリ
検索フォーム
FC2ブログランキング
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示