FC2ブログ
01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.»03

くろ・むら・さき

  : 

咲姫の心 思うままにつづります

失ったものもあり、得たものもあるのかな 

週末ももうすぐ終わろうとしています。
この週末、腰痛もありおとなしめに過ごしました。
とはいえ、今日は地元の当事者会に行ってきました。
そこは若い人が多く、ちょっと場違いなのですけど、
もしかして何かの誰かのお役に立てればいいかなって。


   P5220295sc.jpg

そんな当事者会の自己紹介で
「自分を動物に例えたら何?」というお題がでました。
わたし?何かな?
考えたら、「カメ」だって。

これからの季節、お寺の池なんかでカメさんが日光浴をしていますよね。
狭い岩の上に重なり合って日光浴する姿を見たことあると思います。
あれは決して仲がよいわけではなくて、
ほかのカメさんは石くらいにしか思っていないんだと思います。
だからよく日光の当たる一番上をめざすのです。
カメさんがほかのカメさんをカメとして意識するのは
おそらく交尾のときくらいかと思います。
それ以外は石と同じ、仲間意識なんてまるでなくて、
他人ならぬ他亀を意識することはないようです。

100117子どもたち (2)50

わたしは自分がMtFだと認識、自覚するまでは
なぜほかの人と違うんだろうとキョロキョロし悩んだものです。
普通の人でいたい、いなくちゃ、変に思われたくないって
いつも考え、他人の反応を気にしまくっていました。
自信がなく、自分の意見、思いを表明することもなく、
それどころか自分から発言するようなこともありませんでした。
それは子どもの頃からでした。
子どもって残酷ですから、
違うと思えば遠慮なく指摘するところがありますよね。
それをとてもとても恐れていました。
いじめられっ子になりたくないっていう思いが強かったと思います。
幸いにもごまかし続けることができてしまったのが、
良かったのか悪かったのか…。

結局それは大人になっても続き、それでも変だなって。
インターネットなどで様々情報が入るようになり、
わたしはどうも性同一性障害というものらしい、
専門医に相談すれば診断が得られそうだということで、通院し、
診断が確定し、生き方が決まったところで、
わたしは他人を気にすることがなくなりました。
完全になくなったと正直なところ自信いっぱいには言えませんが、
それでもどんな風にみられているか以前に比べずっと気にならなくなりまし。
わたしってこういうんだって、同様な人々はたくさんいるし、
自分がいてもいいんだって思えるようになったからかな。

カメさんのように他者を気にしなくても生きていけるようになりました。
そういう意味でカメかなって。
もちろん、本当のカメさんのように他者を石と思えるほど達観はしていませんが、
周囲の様子を気にしなくなっただけで、とても生きるのが楽になりました。

裏返せば、皆さんはこんなにも楽に周囲を気にせず
マイペースで暮らしていたんだなってわかりました。

わたしのように生きてきて、無用な気を使い失ったものも多くあるでしょうが、
逆に得られたものも多くあるに違いないと、
前向きな気持ちにもなることができました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ: GID-性同一性障害

ジャンル: 心と身体

  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://esakii.blog97.fc2.com/tb.php/2432-241b7f3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top