FC2ブログ
今日はよいお天気でしたね。

いろいろ迷いましたが、山の方にドライブ。
車で彷徨ってきたというところでしょうか。

滝がありました。




161113(11)s.jpg

これはその滝ではありません。
滝の下の流れ。

幅は1mほどでしょうか。
それでも、1分間にどれだけの水が流れることでしょうか。
つきることなく、流れ下ってきます。

当たり前のように流れていきます。

同じように、わたしたちの周りでは
ときが流れていくのですね。
沢の流れとは違うので、
幅何メートルなんて言うことはできませんが、
流れ去っていく時間の量
…もし量で表すことができるのなら…
はものすごいことでしょう。

ときの流れはわたちたちみんな、いいえ地球全体、
もしかしたら違うかもしれないけど
宇宙全体を流れているわけですから、
その量たるや計りようもないことでしょう。

しかし、それぞれの人に、それぞれの生き物に、
それぞれの星に流れていきます。
同じように流れていることでしょうけど、
人により、生き物により、星により、
その早さが異なるように感じることでしょう。

でも、それはあくまで主体的に、
自己中心な感覚であり、
きっと、おそらく、同様に流れているわけで、
何もわたしだけが、もしかして誰かだけが
損をしたり、得をしたりしているわけではありません。

その流れに逆らうことはむろんできないわけで、
否応もなく流されていきます。

ならば、どう流されていくか、
あるいは、どう流れていくかが大切になるのでしょう。

そのために自分でできることはわずかでしょうが、
でも、悔いのないように努めなければなりません。

ただただ流れていけばよいというものでもないでしょう。

どう流れていくか、
すなわち、どのようなときを過ごすか
が重要になってくると思います。

ただ流され行くままで、
自分の流れは損な流れだった
などと泣き言を言うような人は流される価値もない人かもしれません。

どこかの澱みで渦を巻いていればいいのです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



11/13|コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

咲姫

Author:咲姫
休みのたびに山歩きしています。深い森に住むニンフになれるかな。森から森へすべるように歩き回れるそんなニンフがいいな。黒紫が似合い、美しく、森へ入り込んだ人を惑わすようなそんなニンフになりたいって思います。


最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
検索フォーム
FC2ブログランキング
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示