FC2ブログ
夕べ、暗くなってからちょっとしたご用があり、
マンションの外に出ました。
マンションの前までだし、暗いし、本当にちょっとだったので、
ゆるやかなワンピ、サンダル履きでした。

ご用を済ませ、お部屋に戻ろうとすると、
気味の悪い声で、
「お嬢ちゃん」
と人を呼ぶ声が聞こえました。
いくらなんでも
わたしはとうの昔にお嬢ちゃんという年齢ではなくなってますし、
暗くなっているのにまだ子どもが遊んでいるのかしら。
なんか危なくないかなと思っていると、
続けざまにまた「お嬢ちゃん」と気味の悪い声が聞こえました。
周囲には声も聞こえないし、子どものいる気配がありません。
と、気がつきました。
この声、以前わたしに馬乗りになり、押さえつけてきた男の声です。

怖くなり、マンションの階段を駆け上がりかけましたが、
2、3歩でからだが動かなくなり、もうそこまで男が迫っています。

わたしは大きな悲鳴を上げました。



160107 (4)s


目が覚めました。

どうやら悪夢と金縛りのようです。

あの男、以前にも金縛りのときに登場し、
わたしに馬乗りなり、押さえつけた男です。

気味が悪い…。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



04/26|コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

咲姫

Author:咲姫
休みのたびに山歩きしています。深い森に住むニンフになれるかな。森から森へすべるように歩き回れるそんなニンフがいいな。黒紫が似合い、美しく、森へ入り込んだ人を惑わすようなそんなニンフになりたいって思います。


最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
検索フォーム
FC2ブログランキング
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示