FC2ブログ
濃い霧の中、卒塔婆のように立ち並ぶ標。
いったいどこへ導かれるのだろう。

090910蔵王 (5)60

行き着いた先は石造りの小屋。

090910蔵王 (13)65

霧は流れ込んでくるものの、
それでも立っていられないような風を防いでくれる。
これで体温を奪われることもないか。

でも、そこには山姥が待ち受けているかも…。

090910蔵王 (17)5


小屋があったからいいものの、
鈍頭の頂、道を失っていたかも知れません。
それでも、高いところに惹かれるわたし。

登り口に駐車場で8℃、濃霧、歩くのがやっとの強い風。
寒かった。

小屋より先に足を伸ばすのは断念。
名誉ある撤退です。



で、もっと低い山に転身。

こちらは劫火に焼かれた樹木が
骸骨のように立ち並びます。

090910次郎太郎山 (2)55


なにやら怪しげな巨塔も立っています。

090910次郎太郎山 (4)55

いったいわたしの歩くところって、
どんなところなのでしょうか。

まぁ、でも、けっこう楽しいものですよ♪

スポンサーサイト




09/10|コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

咲姫

Author:咲姫
休みのたびに山歩きしています。深い森に住むニンフになれるかな。森から森へすべるように歩き回れるそんなニンフがいいな。黒紫が似合い、美しく、森へ入り込んだ人を惑わすようなそんなニンフになりたいって思います。


最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
検索フォーム
FC2ブログランキング
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示