FC2ブログ
今日は私の誕生日だったりします。
そう、山姥にも誕生日があります。
すでに媼であるとはいえ、
他人様並みにこの世に生を受けた日があり、
幼きころがあり、成長し、青春といえるころもあったのです。

とにかく生まれたわけで、
その日、何十年も前の今日がそうなわけです。

誕生日だからと言って、おめでたいわけでもなく、
過ぎ去っていく多くの日と同様にただに一日に過ぎません。

誕生日が来たからと行って、大人に近づくわけでもなし、
歳を取るわけでもなく、ほとんど無意味であったりします。

いいえ、着実に生を一年延ばしたと言うことでしょうが、
中身は変わらず、外見もその時々に合わせて
若かったり、それなりの年齢であったり、思い切り媼であったり、
私自身、私がどういう年齢にあるのか定かでない状況です。

つい一昨日、「森ガール」なる言葉をはじめて認識しました。
そう言われてみると、最近耳に入ってきたことはありましたが、
それが何を意味するのか分からず、興味もなく、
通り過ぎていました。

091029八ッ場 (10)45

けっして山姥ではないお友だちとランチをしていて、
森ガールは出てきました。

カラマツの新緑のような、きのこの精のような、
タカネナデシコのような彼女こそ森ガールのように感じますが、
一応私も仲間に入れていただきました。
このことは素直に感謝しなければいけませんね。

でも、よぉく考えてみますと、
森ガールと山姥、とても近しい関係のように感じます。
山姥の青春型と言いますか、
若作りした山姥と言いますか…。

まだ山姥になっていない森ガールはやがて山姥に成長し、
山姥はそのときの気分で
森ガールに戻れちゃうのではないでしょうか。

森ガール的ファッション、好きです。
若作り&ガーリーに見せたいときのお洋服は
確かに森ガール的ですね。
そこにはみどりな明るさが感じれれますが、
山姥らしい漆黒さを出す、黒を基調としたお洋服も大好きです。
そこにわずかばかりの都会をスパイスとして加えれば、
それは魔女なのかも知れません。

確かにお姫さま、眠り姫や白雪姫に憧れていた時期
…今ももちろん憧れてはいますが…もありましたが、
自分が山姥になりたい、
もしかしたらすでに山姥かもと認識しますと、
魔女や意地悪な継母もなかなかどうして素敵♪
と思えるようになってきました。

そう、たっぷり生きてきたのですから、
若い子に意地悪い魔法をかける権利くらいありますし、
そのくらいの楽しみは許されるでしょう。

さて、次は何をしましょう……。


スポンサーサイト




10/30|コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

咲姫

Author:咲姫
休みのたびに山歩きしています。深い森に住むニンフになれるかな。森から森へすべるように歩き回れるそんなニンフがいいな。黒紫が似合い、美しく、森へ入り込んだ人を惑わすようなそんなニンフになりたいって思います。


最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
検索フォーム
FC2ブログランキング
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示