FC2ブログ
嶽本野ばらは、私の大好きな作家の一人です。
単行本はほとんど読んでおり、
またその多くを持っています。

この本は、月刊誌「Zipper」のエッセイを単行本化したものです。

Zipperは女性向けファッション雑誌で、
主に原宿の流行を多く取り入れた、
若年向けの雑誌として知られているようです。
ときには奇抜ともとれる独特なファッションやヘアスタイルが登場し、
男性ウケよりも個性を重視しているとのこと、
実は、私は読んだことがないです。

でも、嶽本野ばらさんは大好きなので…。

091102本 (3)50   091102本50

表紙もとってもいいです。
こんな退廃的なイメージ、とても好きですね。

で、いくつかマークしたところを紹介しますね。


「だって、シャネルのもう一つのポリシーは、男子の顔色を窺ったり、好みに合わせるなんてクダラナイ。自分らしく生きてこそ、女のコはカッコいいということなのですから。」

「『一つを選ぶ為に、迷ったり、考えること大切だと思うんです』。
 大切なものの為に一杯迷えば、そのぶんもっと一杯大切が増えるんだよ。」

「なので、心が挫けそうになると原宿に赴きます。迷った時は原宿の雑踏に身を置きに行きます。」

「たとえ、お洋服のセンスに自信がなくても、自分が着たいお洋服を着て、一寸、変かなーと思っても、これが私のスタイルなんだからって胸を張れるなら、君は充分、原宿的なのです。」

「自分らしさを貫こうとすれば、時に反感を買うし、扱いにくいとウザったがられるのさ。---それでもいいではないですか。君の人生は誰かの為にあるのではないのですから。君は君の為に生きればいい。身勝手と罵られるかもしれないけど、自分に納得出来ない人が人を納得させられると思う?自分を愛せないのに、大切に出来ないのに、他人なんて愛せないし、大切に出来ないですよん。」

Zipperに掲載された30のファッションについてのエッセーと
ボーナストラックということで、
特別長い原宿への野ばらさんの思いが綴られています。
私は、特に原宿のお話、
「原宿の話をしよう。君を君らしくしてくれる、原宿の話」
が好き。
グッときました。

スポンサーサイト



11/15|コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

咲姫

Author:咲姫
休みのたびに山歩きしています。深い森に住むニンフになれるかな。森から森へすべるように歩き回れるそんなニンフがいいな。黒紫が似合い、美しく、森へ入り込んだ人を惑わすようなそんなニンフになりたいって思います。


最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
検索フォーム
FC2ブログランキング
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示