FC2ブログ
6月25日に行ったオルセー美術館展で、
私のお気に入りの一枚。

アンリ・ルソーの「蛇使いの女」です。

蛇使いの女

満月のジャングルの夜、笛を吹き、蛇を操る女。
そういうシチュエーションは大好きですね。
しかも、ルソーは熱帯に行ったことがなく、
資料や想像でこの絵を描いたのだそうです。
だからこそ、妖しい雰囲気が出ているのかも知れません。

大好きな蛇たちもさることながら、
私の目を惹きつけたのは、蛇使いの女の目。

100629絵 (3)80

強い意志を持ち、絵の前に立つ人に語りかけてきます。
視線が気になり、この絵の前で立ち止まり、
目が合ってしまえば、それでおしまい。

この絵の虜になるでしょう。



私もこんな強力な意志を示す目を持ちたいと思います。
そのためには強力な意志がなければなりませんね。
そして、中身も。

十分な中身と強力な意志を兼ね備えていなければ、
人を惹きつけ、魅了するような目、そして視線にはならないでしょう。

中身がなく、我が儘の意志だけ強くても、
やぶにらみのねっとりまといつくような不快な視線にしかなりません。

美しい女性になることももちろんですが、
その前に、それとも合わせて、
人としてより高いものを身につけたいものです。

まず、人としてでしょうか。

「人は外見」と私ははっきり言いますが、
もっと言えば、中身が外見を変えますし、作ります。

豊かな知性と豊富な経験、尽きることのない好奇心、
見落としのない思考、高い目標

そういったものを兼ね備えてはじめて、
強い目を持ち、美しさを表出できるのでしょう。

日々精進です。


   
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



08/10|コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

咲姫

Author:咲姫
休みのたびに山歩きしています。深い森に住むニンフになれるかな。森から森へすべるように歩き回れるそんなニンフがいいな。黒紫が似合い、美しく、森へ入り込んだ人を惑わすようなそんなニンフになりたいって思います。


最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク
カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
カテゴリ
検索フォーム
FC2ブログランキング
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示