FC2ブログ
いくら見晴がよくても
どんなに景色が美しくとも
展望台にいることを強制されるのは嫌だ
遠くを見渡すのは目的地を確認するため
そこに行くため
みることができるだけのビル街や夜景そして森や山々なら
意味はない
絵と同じこと
そんなものは絵すらなくとも目をつぶれば思い浮かぶ
私はそこに行きたいんだ
縄を解け
扉を開け
柵を開けろ
誰にも何ものにも私を拘束する権利はない
私はひとところにとどまることはできない
前へ進まなければ私ではない
あそこに行かせて

夜明けのビルの灯火をみ涙が溢れる

   
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ
にほんブログ村


スポンサーサイト




10/27|コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

咲姫

Author:咲姫
休みのたびに山歩きしています。深い森に住むニンフになれるかな。森から森へすべるように歩き回れるそんなニンフがいいな。黒紫が似合い、美しく、森へ入り込んだ人を惑わすようなそんなニンフになりたいって思います。


最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
検索フォーム
FC2ブログランキング
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示