FC2ブログ
「ともあれ、私は、山男が擔がれてゆくのを見たことがあつたのだ。
 墜死したこの男の姿を見てゐると、
 大地そのものの一部分であるかのやうに思はれた。
 石や岩や氷や萬年雪と彼は深く合體してゐた。」

「山といふものは」  ローランド・ベッチ著 荒井道太郎訳から

090926黒斑・Jバンド (21)50

この場所で私もそうして死のう…

   
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト




01/10|コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
天寿
父は、公約どおり「百歳を全うし自宅で」一昨年春逝きました。
末期癌で逝った母を引き継ぎ12年の在宅介護でした。
私、平成の初期、腫瘍があって「余命一年」を宣告され
甲状腺と前立腺を切除しました。
その前後、平成だけで7回死線を彷徨っていますが
未だ「活かされています」
何かをおやりなさい!!という激励のように。。
父を送って、何を成すべきか、、
暗中模索しています。。
結局、幼い頃の「女性への憧れ」を昨秋より始めましたが
何か大事なものがあるのでしょうね。
父との同行二人は、次を
http://hayato.com/
From: yori * 2011/01/12 13:59 * URL * [Edit] *  top↑
yori さん
そちらはお神楽が盛んなようですね。
私はあまり見たことないのですが、好きだったりします。
なかなかその時その場所まで行かないと見られないのが
いいような残念なようなです。

様々なことを乗り越えて活かされている命、
それだけで意味があるように感じます。
From: 咲姫 * 2011/01/13 18:29 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

咲姫

Author:咲姫
休みのたびに山歩きしています。深い森に住むニンフになれるかな。森から森へすべるように歩き回れるそんなニンフがいいな。黒紫が似合い、美しく、森へ入り込んだ人を惑わすようなそんなニンフになりたいって思います。


最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク
カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
カテゴリ
検索フォーム
FC2ブログランキング
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示