FC2ブログ
果実の瞬間 国産とちおとめ

110116お酒 (3)c

口に含んだ瞬間、
いちご、本当にとちおとめの香りが口いっぱいに広がりました。
とっても私好みです。



さてさて、人はなぜか分類したがります。
花も動物も虫もカビさえ名前をつけて分類します。
日々のことも、たとえばお洋服も本も化粧品も。
だけど、本当にそんなに分ける必要があるのでしょうか。
または他人の作った分類を
何の疑問も抱かず自分のことにあてはめてよいのでしょうか。

たとえば書類。
仕事をしていると日々余所から届いたり、
自分が発したり、記録がわりだったり、たまりますよね。
それで会社が文書ファイルなるものを用意してくれます。
おおよそ分類も定まっていて、
そこに納めていくのですね。

でもね書類、そんなに親切になっているなら
すんなりと落ち着き先が決まりそうですが、
実際はそうでもありません。

なかにはファイルにないものもあるし、
いくつかのファイルにまたがってるもの、
どっちつかずのもあるよね。

もちろんたいていはすんなり落ち着くファイルが決まるけど。

人間の性だって同じこと。
とりあえずは単純な分類があるけど、
やっぱりねはまらないのがあるよね。
どっちつかずだったり、両方だったり、どっちでもなかったり。

さらに、

からだの性
こころの性
相手に求める性

なんてあって重層構造になってるから、
単純にはくくれないはずなんだ。
でもね、人は分類したがりだし、
すんなり納まらないのをいやがるから、
あぶれた私のようなのは困った存在になるんだね。

でもね、考えてよ。
さらに上位の分類で見れば同じ人間じゃない。

もっと言えばね、
分類にはまらないのだけ集めて、また細かく分類して、
これとあれは違う、
あなたと私は違うなんて言い合っても仕方ないと思うけど。
どっちが先に来るべきだなどと議論しても仕方ないんじゃないかな。

区別しなくたっていいんじゃない。
差別しなくたっていいんじゃない。

ことさら違いを騒ぎ立てなくたっていいんじゃないかな。

   
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



01/16|コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

咲姫

Author:咲姫
休みのたびに山歩きしています。深い森に住むニンフになれるかな。森から森へすべるように歩き回れるそんなニンフがいいな。黒紫が似合い、美しく、森へ入り込んだ人を惑わすようなそんなニンフになりたいって思います。


最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク
カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
カテゴリ
検索フォーム
FC2ブログランキング
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示